しぶんぎ座流星群2022の広島の方角や時間は?天気や雲量もチェック

スポンサーリンク

2022年のしぶんぎ座流星群は、1月3日(月)夜~1月4日(火)明け方に一番見えます。

広島でしぶんぎ座流星群が見える方角は?

月の出る時間や流星群が見えやすい時間は?

また、気になる天気と「雲の量」をチェックしました。

せっかくの流星群も雲が多かったら見えないので残念ですよね。

しぶんぎ座流星群は見える時間が短いことも特徴です。ピークの1月3日夜~4日明け方を逃すと他の日では観測は難しいと言われています。

2022年のしぶんぎ座流星群近年まれにみる好条件の年です。

しぶんぎ座流星群2022の広島の方角・時間・雲の量や天気についてお伝えします。

>>しぶんぎ座流星群2022の【福岡】の方角や時間は?天気や雲量もチェック

スポンサーリンク

しぶんぎ座流星群2022年・広島で見える方角は?

しぶんぎ座流星群は三大流星群の一つです。

すべての方角で見ることが出来ます。

 

放射点(流星群の中心)は、「北東」の位置ですが、流星群は、放射点の近くだけでなく空全体にあらわれます。

街明かりを遮るようにしてなるべく空全体を見渡しましょう。

 

スポンサーリンク

しぶんぎ座流星群2022年・広島で見える時間は?

しぶんぎ座流星群は、「ピークの時間が短い」「ピークの間は多くの流星群が見られる」という特徴があります。

 

2022年のしぶんぎ座流星群の放射点は、3日23時ごろからのぼりはじめます。

しぶんぎ座流星群のピーク(極大)時間は、1月4日(火)の5時ごろです。

出現数は4日未明からの方が多いので、観測は4日未明~明け方まで特に4日3時ごろがおすすめです。

多い時・周りが暗いなど条件がいい時には、1時間に50個ほどの流れ星が見えるという予想が出ています。

 

1月3日の夜から4日の明け方まで未明が勝負となりそうです。

1月2日や4日の夜(5日に日付変わる夜)は見えにくいと思います。

 

1月4日から仕事初めという方も多いのではないでしょうか。

1月3日は早めに寝て、4日に早起きするのも一つの手ですよ!

月の出る時間や明るさは?

1月3日~4日にかけての広島の月は、「ほぼ新月」です。

月の影響を受けない好条件です。

 

スポンサーリンク

しぶんぎ座流星群2022年・広島の天気や雲量は?

しぶんぎ座流星群が見える1月3日~4日未明の広島の天気予報は晴れです。

天気は晴れですが、冬型の気圧配置になるので雲は出やすい天気です。

 

見え方予報では、広島の海沿いは「ばっちり見える山側は「チャンスありです。

きれいな星が見える可能性はありそうです!

2022年しぶんぎ流星群を見る時の寒さは?

1月3日夜~4日未明にかけては、冬型の気圧配置ということもあり、おそらくかなり寒いです。

地上の寒さは真冬並みと言われています。

屋外で流星群を見る時の格好は「雪山装備」くらい厳重にした方がいいそうです。

風邪をひかないよう、あたたかくして観測しましょう!

スポンサーリンク

天体観測の時の準備物

外で流星群を観察するときに持っていくと便利なものです。

とくにしぶんぎ流星群が見える1月はとにかく寒いです。防寒対策をしっかりとしましょう。

  • 懐中電灯
  • (寝転がる用の)マット・シート(寒さを通さない厚いものがおすすめ)
  • ホッカイロ
  • 暖かい飲み物
  • 毛布
  • 冬の星座の早見表
  • (あれば)望遠鏡

しぶんぎ流星群は、空全体を見まわした方が見つけやすいです。

また、外に出てすぐにみえなくても15分くらいは見ていた方が見つけやすいですよ。

まんべんなく空を観察できるよう、寝転び姿勢の観察が首が疲れにくく、リラックスして見えておすすめです。シートやマットを持っていくといいですよ!

 

\「楽天」には1万円以内&評価★4以上の望遠鏡もありました!ちょっと遅いクリスマスプレゼント・お年玉にも/

スポンサーリンク

まとめ

2022年の広島のしぶんぎ座流星群についてお伝えしました。

  • 2021年のしぶんぎ座流星群を見やすいのは、4日の未明から明け方。おすすめは3時ごろ。
  • 天気は晴れ予報
  • 広島の海沿いは「ばっちり見える山側は「チャンスあり」の見え方予報
  • 2022年のしぶんぎ座流星群は、月明かりがないから近年ない好条件!

天気にめぐまれて多くの流れ星が見られたらいいですね!

>>しぶんぎ座流星群2022の【福岡】の方角や時間は?天気や雲量もチェック

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク