しぶんぎ座流星群2021の福岡の方角や時間は?天気や雲量もチェック

2021年のしぶんぎ座流星群は、1月3日(日)夜~1月4日(月)明け方に一番見えます。

しぶんぎ座流星群が見える方角は?

月の出方や見えやすい時間は?

また、流星群が見えるか見えないかの一番のポイントは「雲」ですよね。

雨や雪が降っていないい天気ても、雲が多かったら見えません。

福岡の雲量も調べました。

しぶんぎ座流星群は空気が澄んでいいるので、キレイにみることができる流星群ですが、見える時間が短いことも特徴です。

しぶんぎ座流星群2021の福岡の方角・時間・天気についてお伝えします。

>>しぶんぎ座流星群2021の広島の方角や時間は?天気や雲量もチェック

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

しぶんぎ座流星群2021年・福岡で見える方角は?

しぶんぎ座流星群は三大流星群の一つです。

すべての方角で見ることが出来ます。

その中でもおすすめの方角は

「北東の空」

です。

2021年のしぶんぎ座流星群の輻射点(ふくしゃてん=流星が飛び出してくるように見える中心)が北東だからです。

そして、月のあかりがあると見えにくくなるので、月と反対の方角になるのも北東です。

しかし流星群は、輻射点の近くだけでなく空全体にあらわれます。

月明かりを遮るようにしてなるべく空全体を見渡しましょう。

月の方角を踏まえると、2021年のしぶんぎざ流星群のおすすめは北東です。

しぶんぎ座流星群2021年・福岡で見える時間は?

2021年のしぶんぎ座流星群のピークは、3日日曜日の23時ごろです。

流星群のピークは3日深夜ですが、出現数は4日未明からの方が多いので、観測は4日未明~明け方まで特に4日3時ごろがおすすめです。

多い時には1時間に30個ほどの流れ星が見えるという予想が出ています。

しぶんぎ座流星群は、他の流星群に比べて見える時間が短いことが特徴です。

4日未明が勝負となりそうです。

月の出る時間や明るさは?

1月3日~4日にかけての月の出と日の入り時間は、

  • 月の出:21:29(1月3日)
  • 月の正中:03:29(1月4日)
  • 日の出:07:23(1月4日)

です。

1月4日は満月から4日後なので月の明かりで月の近くの星は見えにくいと思います。

しぶんぎ座流星群が一番見えやすいのは1月4日3時ごろです。天気が良ければ明け方まで見えると思います。

1月4日から仕事初めという方も多いのではないでしょうか。

1月3日は早めに寝て、4日に早起きするのも一つの手ですよ!

しぶんぎ座流星群2021年・福岡の天気や雲量は?

しぶんぎ座流星群が見える1月3日~4日未明の福岡の天気は曇です。

雲がないのを0・最大を10としたら、福岡の雲量は6.8くらいです。

雲が多いので星は見にくいかもしれません。

2021年しぶんぎ流星群を見る時の寒さは?

1月3日夜~4日未明にかけては、年越しの寒波のピークは越えていますが、やはり寒いです。

地上の寒さは真冬並みと言われています。

屋外で流星群を見る時の格好は「雪山装備」くらい厳重にした方がいいそうです。

風邪をひかないよう、あたたかくして観測しましょう!

しぶんぎ座流星群とは?

しぶんぎ座流星群は、三大流星群のうちの一つです。

三大流星群とは

  • しぶんぎ座流星群(1月3日ごろ)
  • ペルセウス座流星群(8月13日ごろ)
  • ふたご座流星群(12月14日)

のことで、ほぼ毎年見ることのできる流星群です。

しぶんぎ座流星群が見える1月は、寒いですが空気が澄んでいるので星がきれいに見えるところがいいですね。

スポンサーリンク

天体観測の時の準備物

外で流星群を観察するときに持っていくと便利なものです。

とくにしぶんぎ流星群が見える1月はとにかく寒いです。防寒対策をしっかりとしましょう。

  • 懐中電灯
  • (寝転がる用の)マット・シート(寒さを通さない厚いものがおすすめ)
  • ホッカイロ
  • 暖かい飲み物
  • 毛布
  • 冬の星座の早見表

しぶんぎ流星群は、空全体を見まわした方が見つけやすいです。

また、外に出てすぐに見えなくても15分くらいは見ていた方が見つけやすいですよ。

まんべんなく空を観察できるよう、寝転んだり、リラックスした姿勢で空を眺めてみましょう!

スポンサーリンク

まとめ

2021年の福岡のしぶんぎ座流星群についてお伝えしました。

  • 2021年のしぶんぎ座流星群を見やすいのは、3日未明から4日の明け方。おすすめは3時ごろ。
  • 天気は曇り。雲量は6.8くらい(最大10として)

天気にめぐまれて多くの流れ星が見られたらいいですね!

2021年のしぶんぎ座流星群は、1月3日(日)夜~1月4日(月)明け方に一番見えます。

広島でしぶんぎ座流星群が見える方角は?

月の出る時間や流星群が見えやすい時間は?

また、気になる天気と「雲の量」をチェックしました。

せっかくの流星群も雲が多かったら見えないので残念ですよね。

しぶんぎ座流星群は見える時間が短いことも特徴です。ピークの1月3日夜~4日明け方を逃すと他の日では観測は難しいと言われています。

2021年のしぶんぎ座流星群の「見え方予報」は「チャンスあり」です。

しぶんぎ座流星群2021の広島の方角・時間・雲の量や天気についてお伝えします。

しぶんぎ座流星群2021年・広島で見える方角は?

しぶんぎ座流星群は三大流星群の一つです。

すべての方角で見ることが出来ます。

その中でもおすすめの方角は

「北東の空」

です。

2021年のしぶんぎ座流星群の輻射点(ふくしゃてん=流星が飛び出してくるように見える中心)が北東だからです。

そして、月のあかりがあると見えにくくなるので、月と反対の方角になるのも北東です。

しかし流星群は、輻射点の近くだけでなく空全体にあらわれます。

月明かりを遮るようにしてなるべく空全体を見渡しましょう。

月の方角を踏まえると、2021年のしぶんぎざ流星群のおすすめは北東です。

しぶんぎ座流星群2021年・広島で見える時間は?

2021年のしぶんぎ座流星群のピークは、3日日曜日の23時ごろです。

流星群のピークは3日深夜ですが、出現数は4日未明からの方が多いので、観測は4日未明~明け方まで特に4日3時ごろがおすすめです。

多い時には1時間に30個ほどの流れ星が見えるという予想が出ています。

しぶんぎ座流星群は、他の流星群に比べて見える時間が短いことが特徴です。

4日未明が勝負となりそうです。

しぶんぎ座流星群が一番見えやすいのは1月4日3時ごろです。天気が良ければ明け方まで見えると思います。

1月4日から仕事初めという方も多いのではないでしょうか。

1月3日は早めに寝て、4日に早起きするのも一つの手ですよ!

月の出る時間や明るさは?

1月3日~4日にかけての広島の月の出と日の入り時間は、

  • 月の出:21:19(1月3日)
  • 月の正中:03:20(1月4日)
  • 日の出:07:17(1月4日)

です。

1月4日は満月から4日後なので月が大きいです。流星群を見る条件としては悪いタイミングです。

月の近くの星は見えにくいと思います。

月に背を向けるなどして、月の影響が少なくなるように観測したいですね。

しぶんぎ座流星群2021年・広島の天気や雲量は?

しぶんぎ座流星群が見える1月3日~4日未明の広島の天気予報は曇です。

広島の雲の量(最大10)の予報値は、3日夜から4日3時ごろまでは7~9くらいです。

途中雲の量が少なくなる時間もあるかもしれないようです。

明け方になるにつれて雲量は少なくなる予報です。

雲が多い予報なので星は見にくいかもしれません。

日中は晴れの予報なので、夜に雲が多いのは残念ですよね。

2021年しぶんぎ流星群を見る時の寒さは?

1月3日夜~4日未明にかけては、年越しの寒波のピークは越えていますが、やはり寒いです。

地上の寒さは真冬並みと言われています。

屋外で流星群を見る時の格好は「雪山装備」くらい厳重にした方がいいそうです。

風邪をひかないよう、あたたかくして観測しましょう!

しぶんぎ座流星群とは?

しぶんぎ座流星群は、三大流星群のうちの一つです。

三大流星群とは

  • しぶんぎ座流星群(1月4日ごろ)
  • ペルセウス座流星群(8月13日ごろ)
  • ふたご座流星群(12月14日)

のことで、ほぼ毎年見ることのできる流星群です。

しぶんぎ座流星群が見える1月は、寒いですが空気が澄んでいるので星がきれいに見えるところがいいですね。

天体観測の時の準備物

外で流星群を観察するときに持っていくと便利なものです。

とくにしぶんぎ流星群が見える1月はとにかく寒いです。防寒対策をしっかりとしましょう。

  • 懐中電灯
  • (寝転がる用の)マット・シート(寒さを通さない厚いものがおすすめ)
  • ホッカイロ
  • 暖かい飲み物
  • 毛布
  • 冬の星座の早見表

しぶんぎ流星群は、空全体を見まわした方が見つけやすいです。

また、外に出てすぐにみえなくても15分くらいは見ていた方が見つけやすいですよ。

まんべんなく空を観察できるよう、寝転び姿勢の観察が首が疲れにくく、リラックスして見えておすすめです。シートやマットを持っていくといいですよ!

まとめ

2021年の広島のしぶんぎ座流星群についてお伝えしました。

  • 2021年のしぶんぎ座流星群を見やすいのは、3日未明から4日の明け方。おすすめは3時ごろ。
  • 天気は曇り。雲量は7~9くらいの保養(最大10として)

天気にめぐまれて多くの流れ星が見られたらいいですね!

2021年のしぶんぎ座流星群は、1月3日(日)夜~1月4日(月)明け方に一番見えます。

広島でしぶんぎ座流星群が見える方角は?

月の出る時間や流星群が見えやすい時間は?

また、気になる天気と「雲の量」をチェックしました。

せっかくの流星群も雲が多かったら見えないので残念ですよね。

しぶんぎ座流星群は見える時間が短いことも特徴です。ピークの1月3日夜~4日明け方を逃すと他の日では観測は難しいと言われています。

2021年のしぶんぎ座流星群の「見え方予報」は「チャンスあり」です。

しぶんぎ座流星群2021の広島の方角・時間・雲の量や天気についてお伝えします。

しぶんぎ座流星群2021年・広島で見える方角は?

しぶんぎ座流星群は三大流星群の一つです。

すべての方角で見ることが出来ます。

その中でもおすすめの方角は

「北東の空」

です。

2021年のしぶんぎ座流星群の輻射点(ふくしゃてん=流星が飛び出してくるように見える中心)が北東だからです。

そして、月のあかりがあると見えにくくなるので、月と反対の方角になるのも北東です。

しかし流星群は、輻射点の近くだけでなく空全体にあらわれます。

月明かりを遮るようにしてなるべく空全体を見渡しましょう。

月の方角を踏まえると、2021年のしぶんぎざ流星群のおすすめは北東です。

しぶんぎ座流星群2021年・広島で見える時間は?

2021年のしぶんぎ座流星群のピークは、3日日曜日の23時ごろです。

流星群のピークは3日深夜ですが、出現数は4日未明からの方が多いので、観測は4日未明~明け方まで特に4日3時ごろがおすすめです。

多い時には1時間に30個ほどの流れ星が見えるという予想が出ています。

しぶんぎ座流星群は、他の流星群に比べて見える時間が短いことが特徴です。

4日未明が勝負となりそうです。

しぶんぎ座流星群が一番見えやすいのは1月4日3時ごろです。天気が良ければ明け方まで見えると思います。

1月4日から仕事初めという方も多いのではないでしょうか。

1月3日は早めに寝て、4日に早起きするのも一つの手ですよ!

月の出る時間や明るさは?

1月3日~4日にかけての広島の月の出と日の入り時間は、

  • 月の出:21:19(1月3日)
  • 月の正中:03:20(1月4日)
  • 日の出:07:17(1月4日)

です。

1月4日は満月から4日後なので月が大きいです。流星群を見る条件としては悪いタイミングです。

月の近くの星は見えにくいと思います。

月に背を向けるなどして、月の影響が少なくなるように観測したいですね。

しぶんぎ座流星群2021年・広島の天気や雲量は?

しぶんぎ座流星群が見える1月3日~4日未明の広島の天気予報は曇です。

広島の雲の量(最大10)の予報値は、3日夜から4日3時ごろまでは7~9くらいです。

途中雲の量が少なくなる時間もあるかもしれないようです。

明け方になるにつれて雲量は少なくなる予報です。

雲が多い予報なので星は見にくいかもしれません。

日中は晴れの予報なので、夜に雲が多いのは残念ですよね。

2021年しぶんぎ流星群を見る時の寒さは?

1月3日夜~4日未明にかけては、年越しの寒波のピークは越えていますが、やはり寒いです。

地上の寒さは真冬並みと言われています。

屋外で流星群を見る時の格好は「雪山装備」くらい厳重にした方がいいそうです。

風邪をひかないよう、あたたかくして観測しましょう!

しぶんぎ座流星群とは?

しぶんぎ座流星群は、三大流星群のうちの一つです。

三大流星群とは

  • しぶんぎ座流星群(1月4日ごろ)
  • ペルセウス座流星群(8月13日ごろ)
  • ふたご座流星群(12月14日)

のことで、ほぼ毎年見ることのできる流星群です。

しぶんぎ座流星群が見える1月は、寒いですが空気が澄んでいるので星がきれいに見えるところがいいですね。

天体観測の時の準備物

外で流星群を観察するときに持っていくと便利なものです。

とくにしぶんぎ流星群が見える1月はとにかく寒いです。防寒対策をしっかりとしましょう。

  • 懐中電灯
  • (寝転がる用の)マット・シート(寒さを通さない厚いものがおすすめ)
  • ホッカイロ
  • 暖かい飲み物
  • 毛布
  • 冬の星座の早見表

しぶんぎ流星群は、空全体を見まわした方が見つけやすいです。

また、外に出てすぐにみえなくても15分くらいは見ていた方が見つけやすいですよ。

まんべんなく空を観察できるよう、寝転び姿勢の観察が首が疲れにくく、リラックスして見えておすすめです。シートやマットを持っていくといいですよ!

まとめ

2021年の広島のしぶんぎ座流星群についてお伝えしました。

  • 2021年のしぶんぎ座流星群を見やすいのは、3日未明から4日の明け方。おすすめは3時ごろ。
  • 天気は曇り。雲量は7~9くらいの保養(最大10として)

天気にめぐまれて多くの流れ星が見られたらいいですね!

>>しぶんぎ座流星群2021の広島の方角や時間は?天気や雲量もチェック

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク