しぶんぎ座流星群2023の福岡の方角や時間場所は?天気や雲量もチェック

2023年のしぶんぎ座流星群は、1月3日(火)夜~1月4日(水)明け方に一番見えます。

 

しぶんぎ座流星群が見える方角は?

月の出方や見えやすい時間は?

また、流星群が見えるか見えないかの一番のポイントは「雲」ですよね。

雨や雪が降っていないい天気ても、雲が多かったら見えません。

福岡の雲量も調べました。

 

福岡で流星群を見る場所(スポット)はどこ?

しぶんぎ座流星群は空気が澄んでいいるので、キレイにみることができる流星群ですが、見える時間が短いことも特徴です。

 

しぶんぎ座流星群2023の福岡の方角・時間・天気についてお伝えします。

>>しぶんぎ座流星群2023【広島】の方角や時間は?天気や雲量もチェック

>>しぶんぎ座流星群2023【岡山】の方角や時間は?天気や雲量もチェック

 

しぶんぎ座流星群2023年・福岡で見える方角は?

しぶんぎ座流星群は三大流星群の一つです。

すべての方角」で見ることが出来ます。

 

2023年のしぶんぎ座流星群の放射点は、北東です。

 

しかし流星群は、輻射点の近くだけでなく空全体にあらわれます。

街明かりを遮るようにしてなるべく空全体を見渡しましょう。

しぶんぎ座流星群2023年・福岡で見える時間は?

月の出る時間・明るさ・日の出の時刻は?

2023年1月3日~4日にかけての福岡の「日の出時刻」「月の出入り時刻」「月の大きさ」です。

  • 月の入時刻:05時00分
  • 月の大きさ:半月と満月の間
  • 日の出時刻:07時23分

しぶんぎ座流星群2023年・福岡で見える時間は?

2023年のしぶんぎ座流星群の観測は、ピークに一番近い夜の時間(=4日の明け方)4日(水)未明~明け方までがおすすめです。

時刻で言えば、月の入り~日の出までの、4日5時00分ごろ~7時ごろです。

 

月が沈んだあとから明け方までが狙い目です。

 

2023年のしぶんぎ座流星群の活動のピーク(極大)4日の12時ごろ

ピークに一番近い時間が4日の明け方になります。

 

しぶんぎ座流星群の特徴は「短期集中」です。

時間は短期間ですが、流れ星の活動は他の流星群より多いです。

 

ただ2023年はピークの時間から約7時間前の観測なので、流れ星の数は少なくなりそうです。

4日未明が勝負となりそうです。

 

しぶんぎ座流星群2023年・福岡の天気や雲量は?

しぶんぎ座流星群が見える1月3日~4日未明の福岡の天気は晴れです。

2023年しぶんぎ流星群を見る時の寒さは?

1月3日夜~4日未明にかけては、福岡の予想気温が3℃くらいです。

 

地上の寒さは真冬並みと言われています。

屋外で流星群を見る時の格好は「雪山装備」くらい厳重にした方がいいそうです。

風邪をひかないよう、あたたかくして観測しましょう!

2023年のしぶんぎ座流星群を見る場所(スポット)は?

しぶんぎ座流星群を見るのにおすすめは、「周囲がひらけている」「待ち明かりがない」場所です。

自宅の近くでも、高い場所や海の近くは見やすいかもしれませんね。

 

以下は、福岡で人気の天体観測スポットです。

星の文化館(八女市星野村)

宇根山にある天文台です。

2020年はコロナの影響で駐車場が閉鎖されて周りが混雑したようです。

2023年1月3日の夜22時までは天文台は開館しています。

2018年のしぶんぎ座流星群です。

平尾台(北九州市小倉南区平尾台)

北九州市の中心から車で約1時間ほどです。

展望台もあります。

ふたご座流星群やペルセウス座流星群の時は鑑賞会も開かれていました!

米ノ山展望台(糟屋郡篠栗町)

展望台までの道が狭いので注意が必要です。

のぼってしまえば、周りがひらけているので天体観測にばっちりの場所です。

 

油山片江展望台(福岡市城南区)

福岡市内のはずれにあります。

人気夜景スポットの一つです。

 

 

 

しぶんぎ座流星群とは?

しぶんぎ座流星群は、三大流星群のうちの一つです。

三大流星群とは

  • しぶんぎ座流星群(1月3日ごろ)
  • ペルセウス座流星群(8月13日ごろ)
  • ふたご座流星群(12月14日)

のことで、ほぼ毎年見ることのできる流星群です。

しぶんぎ座流星群が見える1月は、寒いですが空気が澄んでいるので星がきれいに見えるところがいいですね。

天体観測の時の準備物

外で流星群を観察するときに持っていくと便利なものです。

とくにしぶんぎ流星群が見える1月はとにかく寒いです。防寒対策をしっかりとしましょう。

  • 懐中電灯
  • (寝転がる用の)マット・シート(寒さを通さない厚いものがおすすめ)
  • ホッカイロ
  • 暖かい飲み物
  • 毛布
  • 冬の星座の早見表
  • (あれば)望遠鏡

しぶんぎ流星群は、空全体を見まわした方が見つけやすいです。

また、外に出てすぐに見えなくても15分くらいは見ていた方が見つけやすいですよ。

まんべんなく空を観察できるよう、寝転んだり、リラックスした姿勢で空を眺めてみましょう!

 

\「楽天」には1万円以内も!ちょっと遅いクリスマスプレゼント・お年玉にも/

まとめ

2023年の福岡のしぶんぎ座流星群についてお伝えしました。

  • 2021年のしぶんぎ座流星群を見やすいのは、1月4日(水)の月の入り(05時頃)~日の出まで。(日の出の時間:7時23分)
  • 天気は晴れ。
  • 気温は低い
  • ピークの時間が日中のため、流星群を見られる数は少ないかも

 

天気にめぐまれて多くの流れ星が見られたらいいですね!

 

>>しぶんぎ座流星群2023【広島】の方角や時間は?天気や雲量もチェック

>>しぶんぎ座流星群2023【岡山】の方角や時間は?天気や雲量もチェック

スポンサーリンク
スポンサーリンク