ジャニーズJrはどうなる?タッキーが作ったグループがデビューできない?

スポンサーリンク

ジャニーズ事務所に衝撃が走りました!

ジャニーズ事務所の副社長で、Jr.のジャニーズアイランドの社長のタッキーこと滝沢秀明さんが事務所を退所。

キンプリ3人の脱退報道もあり、ジャニーズJrはこの先どうなるのか不安です。

特にタッキーが作ったグループがこの先どうなるのか心配している人も多いと思います。

ジャニーズJrはどうなる?この先タッキーが作ったグループがデビューできないのでしょうか?予見してみました!

スポンサーリンク

タッキー(滝沢秀明)退社!ジャニーズJr.はどうなる?

タッキーこと滝沢秀明副社長が、ジャニーズ事務所を退所しました。

Jr.を応援しているJr.担はとても心配しています。

この先、どうなっていくのでしょうか?

ジャニーズ事務所の未来を予見してみました!

ジャニーズJr.がデビューしにくくなる?!

責任感と情が厚いと周りから信頼されていたタッキー。

 

今回の退所の真相はわかりませんが、SnowManとSixTONESをデビューさせて約3年。

人気も出て今後の見通しが付いたところで一区切りの退所とも言われています。

 

タッキーとしては、デビュー前、デビューから3年のマニュアルが作れたのではないでしょうか?

ジャニーさんではない人がプロデュースした場合のノウハウを、タッキーの後任でジャニーズアイランドの社長に就任した元V6のイノッチこと井ノ原快彦さんにきちんと託せたと思います。

 

イノッチもタッキーと同じくデビューして今がある人材です。

デビュー出来ずに不安になるJr.の気持ちはよくわかっていると思います。

したがって、ジャニーズJr.がデビューしにくくなるという事態にはならないでしょう。

 

そして、Travis Japanが2022年10月28日にデビューしたばかりです。

次のデビューは、最近のジャニーズ事務所の方針なら1年後。

遅くても4年後だと予想します。

ジャニーズJr.のグループが減る?!

Jr.担のみなさんは心配がつきません。

 

現在、デビュー待機のJr.は、

  • HiHi Jets
  • 美 少年
  • 7 MEN 侍
  • 少年忍者
  • Jr.SP
  • IMPACTors
  • Go!Go!kids

関西Jr.

  • Lil かんさい
  • Aぇ! group
  • Boys be
  • AmBitious

11組も待機グループがいます。

 

AmBitiousは固定メンバーではなく、少年忍者もその中でさらにグループ分けされています。

なのではっきり11組とは言えませんが、大勢の待機グループとそのファンがヤキモキしているのです。

 

2023年3月31日から導入されるジャニーズJr.のルール

22歳の3月31日の時点でマネジメント契約継続の意思を確認。

合意した場合はその後もJr.として活動を続けられる。

合意に至らない場合は契約満了・退社となる。

このルールは、増えすぎたジャニーズJr.対策だと取れます。

 

タッキー退所と関係なく、ジャニーズJr.のグループは減っていく可能性は高いですね。

ジャニーズJr.の系統が変わる⁉

ジャニーズJr.を面接する人によってJr.の系統が変わるといえます。

 

ジャニーさんは、子どもだけではなくその子の母親を見て将来の顔を予測していたということです。

そしてジャニーさんは、目が大きく華奢な永遠の少年タイプが好みでした。

 

それに対して、タッキーは、

時代を読むのが上手で、実力とやる気のある子を優先させてきました。

 

イノッチは、みんなの意見を取り入れて結論を出すタイプのように感じます。

今後どういう系統になるのか楽しみですね!

 

スポンサーリンク

タッキー(滝沢秀明)が作ったグループはどうなる?

タッキーが結成し名付けたIMPACTors(インパクターズ)とGo!Go!kids。

 

彼らの今後が気になりますね!

IMPACTors(インパクターズ)

ここ最近、インパクターズの露出がすごかったので、次のデビューはもしかして?

と思っていましたが、タッキーは退所までにテレビ局の関係者にインパクターズのメンバーの顔を売っておいてくれたのだと思います。

最近の芸能界は、人気=実力に変わってきています。

いくらタッキーがゴリ押しても、実力が無いと売れません。

実力主義のタッキーが見込んだインパクターズです。

人気の出てきたインパクターズですから、タッキーが居なくなっても大丈夫だと思います。

インパクターズは、2023年から始まる22歳ルールの以前にインパクターズのメンバー全員の年齢が22歳を越えているのでセーフです。

Go!Go!kids

Go!Go!kidsは、2022年現在全員中学生の平均年齢が若いグループです。

タッキーは、Go!Go!kidsをSnowManのように育てたかったのでしょうね。

 

もし、デビューの間隔がジャニーさんがJr.をまとめていた頃に戻るとすると、次のデビューはトラジャデビューの4年後。

Go!Go!kidsの最年長松浦銀志くんが、4年後に19歳ですからデビューするのに丁度よい年齢になります。

デビューできないとしても、演技派の子が多いGo!Go!kidsですから、俳優部として存続していく道もありますね。

スポンサーリンク

ジャニーズJr.の育成の後任は、イノッチ(井ノ原快彦)

タッキーの後任で、ジャニーズアイランドの社長に就任した元V6のイノッチこと井ノ原快彦さん。

『ジャニーズ・ワールド ネクストステージ』に出演するジャニーズJr.全員と面談したということです。

その際に、メンバーカラーのクッキーと連絡先を個々にメッセージを添えてプレゼントしたのです。

イノッチのホスピタリティがジャニーズJr.の安心感へと繋がっていくのだと感じました。

スポンサーリンク

まとめ

タッキーこと滝沢秀明副社長が退所して、ジャニーズアイランドの社長をイノッチこと井ノ原快彦さんが引き継ぎました。

元々、タッキーが作ったグループをこれからは井ノ原快彦さんが面倒みてくれます。

 

Jr.のみんなは今までどおりに目の前の仕事をこなしていけば、タッキーが作ったグループが干されるなんてことは無いでしょう。

 

しかし、増えすぎてしまったジャニーズJr.を定年制度により整理されることもあります。

腐らないで契約を結べば道は開けていくと思います。

 

ジャニーズJr.の若返りと人数を絞ることは課題かも知れませんが、忠実に頑張っているグループは安泰です。

推しのグループをジャニーズで推したいのであるならば、どうか謀反を起こさないようにと祈るのみです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク