岸辺露伴は動かないの実写ドラマ六壁坂の血がやばい?ネタバレ考察は?

「岸辺露伴は動かない」の「六壁坂」は、2021年12月29日水曜日、NHK総合で22時から放送されます。

「岸辺露伴は動かない」の実写ドラマは、2020年の年末に続き2年連続です。

「岸辺露伴は動かない」の中でも「六壁坂」は人気があるエピソードです。

「六壁坂」といえば、血を飲むシーンが出てきますが、ドラマではどのように表現されるのでしょうか。

六壁坂のネタバレ・楠宝子の子供や妖怪についての考察、感想についてお伝えします。

 

『岸辺露伴は動かない』の「背中の正面」(市川猿之助)動きや小道はどう再現?ネタバレと結末考察▶

 

 

\漫画の1巻で「六壁坂」の原作が読める/

岸辺露伴は動かないの「六壁坂」原作漫画のあらすじは?(ネタバレあり)

死に続ける元婚約者という恰好のネタを手に入れた岸辺露伴は早速取材に向かいました。

その道中、彼は一人の少女と出会います。そして出会うやいなや、その少女はなぜか頭を石に強く打ち付けるのですが、どういうわけか少女からは血が抜け続け、ミイラ化してしまいます。

岸辺露伴はあることを思い出しました、そうこれから取材に行こうとしていた会談話と瓜二つなのです。

スタンド「ヘブンズドア」を使い、少女とは出会わなかった、と事実を改変し、怪談に憑りつかれる事を防いだのでした。

岸辺露伴は動かないの「六壁坂」の原作の血がやばい?ドラマではどう表現?

「岸辺露伴は動かない」の「六壁坂」の見どころの一つが、主人公が楠宝子(なおこ)が、ミイラになった元婚約者の群平の血を飲むシーンです。

結構生々しいシーンなのですが、ドラマ「岸辺露伴は動かない」ではどのように血のシーンが表現されるかが気になります。

予想では、彼からこぼれ落ちる血を両手で受けながら、並々つがれたジョッキをひたすら一気飲みするかのように飲むと思います。

ドラマでは楠宝子を内田理央さんが演じます。

狂気の中に色気がある演出になるのでしょうか。赤ワインを飲むようなシーンになるかもしれませんね。

岸辺露伴は動かないの楠宝子は本当は誰を愛していた?

楠宝子はいったい誰を愛していたのでしょうか。

元フィアンセである群平と思います。なぜなら、血を流し続ける群平が嫌いならば、どこかの山にでも埋めてしまえばいいからです。

岸辺露伴は動かないの子供は誰?どんな存在?

楠宝子自身、幽霊か怪物、怨念のたぐいかと思います。

実際に子供が出来ていたかは定かではありませんが、本当にいた場合、婚約者の修一がそれを許すとは思えません。

岸辺露伴は動かないの「六壁坂」の好きなシーンは?

「六壁坂」は、岸辺露伴は動かない」の中でも人気のストーリーです。

原作ファンの方は「六壁坂」のどこが好きかをまとめました。

昭和ホラーを感じられるところです。どこか古めかしい趣があるストーリーが癖になります。おそらくは、六壁坂村、資産家の娘、庭師、ミイラ……と近代からかけ離れたワードで構成されているからかと思います。携帯電話やネットといったものから隔絶された世界感で、ただただ不条理な現象に悩まされる様は日本の純ホラーを感じずにはいられません。終わりも「本当に解決したのか」と後味をひっぱる様もいいですね。

岸辺露伴は動かないの「六壁坂」の原作漫画を読んだ感想は?

「岸辺露伴は動かない」を読んだ感想をまとめました。

王道ホラーと感じます。ストーリー構成としては、口伝えに広まっていた噂を主人公が実際に体験する、というもの。ただし岸部露伴ですので、実体験に対し反撃するすべを持ち合わせている、というのが他ホラー作品と大きく違う所ではないかと思いますね。この作品に限らずですが、ヘブンズドアは万能すぎです。物理的な戦闘はできませんが、事実改変などそれ以外の事はほぼ出来ると言えるでしょう。

「岸辺露伴は動かない」の「六壁坂」を見逃した!再放送や見逃し配信はある?

「岸辺露伴は動かない」はNHK総合での放送です。

再放送は、BS4Kであります。

(第4話~6話 2021年12月30日(木)よる7時30分~9時57分一挙放送)

 

地上波は、再放送の予定は発表されていませんでした。

一年前の2020年年末に放送された「岸部露伴は動かない」の1~3話は、約1年後の2021年12月25日(土)に再放送がありました。

まとめ

「岸辺露伴は動かない」の「六壁坂」についてお伝えしました。

 

ドラマ2日目『岸辺露伴は動かない』「背中の正面」(市川猿之助)動きや小道はどう再現?ネタバレと結末考察▶

スポンサーリンク
スポンサーリンク