私たちはどうかしている14巻62話ネタバレ感想!多喜川の初恋相手は!?

『私たちはどうかしている』、略して「わたどう」の漫画の最新62話「初恋」のネタバレ感想です。

最新の62話は、単行本の14巻に収録予定です。

13巻は2020年8月に発売されたので、14巻は2020年12月に発売されるのでは?と予想します。

最新の62話では、多喜川薫と七桜の母・百合子の出会いのエピソードが語られます。

そして武六会の奉納の儀での七桜の御菓子はどう評価されるのでしょうか。

『私たちはどうかしている』の62話はBE・LOVEの2020年10月号(9月1日発売)に収録されています!

前話の61話(コミック13巻収録)では、武六会の会場で長谷屋の由香里さんが七桜を階段から突き落としてしまいました!

七桜は頭を怪我しているようにも見えました。七桜は大丈夫なのかがすごく気になる終わり方でした…!

前作振り返り▶私たちはどうかしている13巻61話ネタバレ感想!多喜川の目的は?

『私たちはどうかしている』の漫画の14巻に収録の62話「初恋」のネタバレ感想についてお届けします!

 

 

『私たちはどうかしている』の最新話が載っている『BE・LOVE 2020年10月号 』[2020年9月1日発売]を読むには…

BE・LOVE 2020年10月号 [2020年9月1日発売]

◆31日間無料トライアルの特典◆
1 見放題作品が31日間無料で視聴可能です!
一部最新作を含む、すべてのジャンルの見放題作品を無料で視聴可能です。
最新作はレンタル配信(個別課金)となります。

2 600円分のポイントプレゼント!
DVD・ブルーレイよりも先行配信の最新作、放送中ドラマの視聴や
最新コミック・書籍の購入に使用可能です!

3 追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題!

『私たちはどうかしている』の漫画の14巻・62話「初恋」ネタバレあらすじ

『私たちはどうかしている』の最新62話のネタバレを含むあらすじです。

武六会の奉納の儀の当日、由香莉に階段から突き落とされた七桜は、頭から血を流し気を失っています。

七桜は病院に運ばれ、入院になるかもしれないということで、奉納の儀に同行していた城島が光月庵に七桜の荷物を取りに戻りました。

七桜を心配した椿は病院に駆けつけます。

幸い七桜のケガは大したことなく、入院もしなくて大丈夫でした。多喜川は七桜が心配で、病院にずっと付き添っていました。

武六会の奉納の儀に早く戻らなきゃ、と焦る七桜を多喜川は

「奉納の儀はすこし遅れている」

「急がなくてだいじょうぶだから少し休もう」

と引き留め、二人は話をします。

七桜は多喜川から、多喜川と由香莉は幼馴染で昔からよく知っている、しかし今は家を継ぐもの同士以上のつながりはないことを聞きました。

さらにずっと気になっていた、前に多喜川から渡された「七桜へ」という手紙は、本当に百合子から預かったものか、勇気を振り絞って聞き出します。

多喜川はすぐにはその返事はしませんでした。多喜川は自分の子供の時の話をします。

多喜川は自分の想いを上手く言葉にできない子供だった、という意外な事実を告げます。跡取り息子という立場がプレッシャーとなり、成長と共に、どんどん自分の気持ちを言葉に出せなくなっていました。

多喜川の母は、息子の発語が悪いのも、夫が浮気をして光月庵の女将に夢中なのも、全部全部自分のせいだと思い詰めていきます。

多喜川は中学生の時、父に連れられて行った光月庵で七桜の母百合子に出会います。

本当に食べたいお菓子を言えなかった多喜川に、職人として店に立っていた百合子は

「本当はなにが好きなの?」

と助け舟を出します。

これまで本当の自分の気持ちを押し殺していた多喜川は、想いを言えないのは寂しいよね、と共感してくれた百合子の温かさに救われます。自分の気持ちを言って大丈夫なんだ!と思えるようになり、次第に百合子に淡い恋心を抱くようになります。

しかしそれは「鷺娘」。鷺娘は多喜川が先日の日本舞踊の名取襲名で舞った演題です。中学生の多喜川は叶うことのない悲しい恋をしていたのです。

多喜川が七桜に渡した手紙は、多喜川の父が百合子から預かっていた本物でした。

多喜川は、自分の父から百合子の娘が成人したら渡すようにと言われていました。

七桜に渡す前に手紙の中身を読んでしまいます。

「私は何もやっていない」

これを見た多喜川は、光月庵の樹の事件は女将の陰謀だと気づきます。

多喜川の母が常に言っていた「あの女将さえいなければ」。

多喜川の、女将への復讐と、百合子の無念を晴らすことのために七桜は利用されたのです。

しかし、ずっと七桜といるうちに多喜川は罪悪感で後悔します。七桜のそばにいてあげるというより、いて欲しいと思うようになります。

七桜も多喜川も、百合子の温かさが好きだったのです。その思いだけは同じだと気づいた七桜は、泣いて後悔している多喜川を抱きしめます。

抱き合う二人の様子をそっと見ていたのは椿です。

武六会の奉納の儀は、七桜と多喜川が不在の中進められていました。七桜の御菓子「江戸彼岸」も好評です。

光月庵の当主の七桜に変わり、椿が御菓子の説明をしに儀式の会場に入りました。

椿がお菓子の説明を終えたあと、由香莉は自分が七桜にけがをさせたことは棚に上げ、当主がいない光月庵を批判します。

椿は由香莉に

「いいがかりだ、七桜に何をした」

詰め寄ります。

言葉に詰まる由香莉の言葉を遮ったのは七桜です。

七桜は頭に包帯は巻いていますが、凛とした姿で

「階段は自分の不注意で落ちた」

「長谷屋が納得する御菓子を光月庵は作る」

と宣言しました。七桜から長谷屋の由香莉への宣戦布告で62話は終わります。

『私たちはどうかしている』の漫画の14巻・62話「初恋」感想

『私たちはどうかしている』の最新62話感想です。

多喜川の子供のころのエピソードが出てきました。

まさか!多喜川は七桜の母百合子に淡い恋心を抱いていたのですね…!

百合子の手紙を、多喜川の父が預かっていた、ということですが、百合子に罪をなすりつけた女将と多喜川の父は愛人関係で、多喜川の父が事件の実行役では?とも言われています。犯人と犯人の罪をかぶった二人の間ですよね。多喜川の父は、百合子にはいい人ぶっていながら、実は陥れた張本人ということですよね。

多喜川の父がどんな人物だったのかがすごく気になりました。すごく腹黒い人なのでしょうか。

多喜川も裏の顔があるのかなーとは思っていましたが、七桜に近づいたのは復讐に利用するためだったのですね。

怖いです…!!

まとめ

『私たちはどうかしている』の漫画の14巻に収録の62話「初恋」のネタバレ・あらすじ・感想についてお伝えしました。

多喜川の初恋相手は七桜の母の百合子だったという衝撃の事実が判明しました。

多喜川が七桜に近づいたのは、七桜を利用するためだったのですね。

多喜川の父は、女将にも百合子にもいい顔をしていたということも衝撃です。

多喜川の父がどんな人物だったのかが気になります!!

■私たちはどうかしている13巻58話ネタバレ感想!原作漫画では椿が…

■私たちはどうかしている13巻59話ネタバレ感想!原作漫画では椿が…

■私たちはどうかしている13巻60話ネタバレ感想!多喜川の目的は?

■私たちはどうかしている13巻61話ネタバレ感想!多喜川の目的は?

『私たちはどうかしている』の最新話が載っている『BE・LOVE 2020年10月号 』[2020年9月1日発売]を読むには…

BE・LOVE 2020年10月号 [2020年9月1日発売]

◆31日間無料トライアルの特典◆
1 見放題作品が31日間無料で視聴可能です!
一部最新作を含む、すべてのジャンルの見放題作品を無料で視聴可能です。
最新作はレンタル配信(個別課金)となります。

2 600円分のポイントプレゼント!
DVD・ブルーレイよりも先行配信の最新作、放送中ドラマの視聴や
最新コミック・書籍の購入に使用可能です!

3 追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題!