Twitter投げ銭の送金のやり方は?注意点や個人情報など安全性は?

  • 2021年5月27日
  • 2021年5月27日
  • 生活

最近、Twitterで導入が開始されたTip Jar。

現在は英語を言語として設定しているアカウントのみ利用可能であるため、日本ではあまり認知されていません。

しかし、今後、世界中に拡大予定であり、私たち日本人の利用者が増えていくことでしょう。

今回はそんなTip Jarの送金方法や注意点などを解説していきます。

また、Tip Jarは個人情報がバレてしまうという噂がありますが、本当なのでしょうか。

Tip Jarの安全性についても調べていきたいと思います。

Tip Jarの【受け取り編】はこちら▶設定方法・利用条件・受け取り方は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Twitter投げ銭(Tip Jar)の送金のやり方は?

Tip Jarの送金ですが、現在は言語設定を英語にしている方が利用できます。

今後、日本でも運用が予定されていることから、今のうちに送金方法を勉強しておきましょう!

送金方法としては、

 

1. 送金可能なアカウントのプロフィールにあるお札マークをクリック

2. 送金方法を選択

 

のみで送金したい相手にお金を送ることができます。

現在、決済サービスとして利用できるのはBandcamp、Cash App、Patreon、PayPal、Venmoの5つです。

この中で日本人に馴染みのあるサービスはPayPalでしょう。

 

スポンサーリンク

Twitter投げ銭(Tip Jar)の送金はPay Pal経由だと氏名住所も伝わる?

PayPalは主に商品の購入代金の支払いに使用されるサービスです。

よって、購入品の発送のために送金者の本名や住所が表示されるシステムになっています。

つまり、Tip Jarを利用する際にPayPalで支払いを行うと個人情報が受取側にバレてしまいまうことになります。

一方、受取側の情報は送金者には表示されませんので安心してください。

 

Twitter投げ銭(Tip Jar)のPay Pal送金で個人情報(氏名住所)が伝わらない方法はある?

では、個人情報がバレずに、PayPalの送金サービスを利用して送金を行う方法はあるのでしょうか。

調べてみたところ、「個人間送金」を選択すれば個人情報は表示されないようです。

住所や電話番号、本名もバレずに、PayPalのアカウント名のみ表示されるとのことでした。

また、「商品またはサービスに対する支払い」を選択しても、発送先住所を表示しない設定を行うことで住所はバレないようです。

 

Twitter投げ銭(Tip Jar)の安全性や注意点に対するSNSの反応は?

まだまだ安全面で課題が多いTip Jar。

Twitterではそのセキュリティーに関する心配の声が多くあがっています。

よって、もし日本でTIp Jarが運用され始めたとしても、このままの状態では使用者がとても少なそうですね。

一方、このようなTip Jarに対する前向きな意見もありました。

早くセキュリティー面が強化されれば、利用者の増加が期待されるでしょう。

 

スポンサーリンク

Twitter投げ銭(Tip Jar)の今後の可能性は?

今後、日本でも導入が検討されているTip Jar。

ツイートがバズれば、多くの人からチップをもらえるに違いないです。

よって、誰もがTwitterで稼げる時代がやってくるかもしれません。

 

しかし、サービスが導入されることによって、パクツイをしてお金儲けをする人が増えてくることが考えられます。

「パクツイ」とは他人がツイートしたことを真似して、あたかも自分が呟いたようにツイートを行うことです。

さらに上記のツイートが入っているように、チップを受け取る人が受取拒否を行えないことを利用した嫌がらせも発生するかもしれません。

 

Twitter投げ銭の送金のやり方は?注意点や個人情報など安全性は?

今回、Twitterの新機能「Tip Jar」の送金方法や注意点などを解説してきました。

誰か知らない人にお金を送ることは危険を伴うことです。

よって、利用する時は個人情報が流出してしまうリスクを理解しておきましょう。

Tip Jarの【受け取り編】はこちら▶設定方法・利用条件・受け取り方は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク