ペルセウス座流星群2020岡山で見える場所や方角や時間は?天気も調査

2020年のペルセウス座流星群は7月17日~8月24日の間で観測できます。その中でも8月12日深夜~8月13日の明け方が流れ星が一番よく見える時間です。

岡山の極大(活動のピーク)の時間は8月12日22時ごろ!

いい天気になって多くの流れ星が見えたらいいですね。

福岡の8月12~13日の天気は今のところ雨が降る予想ではないようでした。

毎年お盆の頃に見られるペルセウス流星群ですが、今年はコロナウイルスの影響でお盆は帰省しない、できない、という方も多いのではないでしょうか。代わりに家の近くで星空を眺めるのもいいですね。

2020年のペルセウス座流星群を見える場所(岡山)や方角や時間は?天気についてお伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ペルセウス座流星群2020年【岡山】見える時間は?

2020年のペルセウス座流星群は、12日20時ごろから13日の夜明けに見えやすい予測が出ています。

活動のピーク(極大)は8月12日の22時ごろですが、ペルセウス流星群は、夜中~明け方が見やすいと言われています

寝る前に見て見えなくても、夜中に起きた時に見えた、という体験談も聞いたことがあります。

多い時には1時間に30個ほどの流れ星が見えるという予想が出ています。

8月12日~13日の月は「下弦の月」です。

【岡山の月の出】

  • 11日 23:11
  • 12日 23:44
  • 13日 24:21(14日0:21)

月明かりがあると星が見えにくくなります。月の出ていない方角の空を見たら良いですよ。

1時間に30個の流れ星が見える予想ですが、流れ方はランダムです。続けて流れることもあれば、10分以上見えないことも…

暗い星空に目が慣れるまでに15分ほどかかると言われています。

しばらく見えなくても15~20分は空を見続けた方がいいそうですよ~!

ピークは8月12日23時ごろですが、流星群は7月17日~8月24日の間で流れています。

ピークの前後の8月11日深夜や13日深夜でも、天気次第では流れ星を見られる可能性は高いですよ!

ペルセウス座流星群2020年【岡山】見える方角は?

ペルセウス座流星群は、見える方角は決まっていません。すべての方角で見ることが出来ます。

その中でもおすすめの方角は

「北東の空」

です。

ペルセウス座流星群は流れる方向は決まっていなくて、散らばるように流れます。

その流星群の放射点(天球上の流れ星の中心点。ここから放射状に流れるように見える)

ただ、月のあかりがあると見えにくくなるので、月などの光をさえぎると、より見やすくなります。

月を背に向けたり、街の明かりが少ない場所で観察することがおすすめです。

 

  • 月は東⇒南⇒西へ進む
  • 流星群の放射点のγ星があるのは北西

ということで、北東の方角だと見えやすいと思います。

しかし、流星群は放射点の方向だけに星が飛ぶわけではなく、方角や高さに関係なく、空全体いろいろなところに流れます。

一点を凝視するよりは、空全体をながめると見えやすいようです。

条件が合ってたくさんの星が見えたらいいですよね!

ペルセウス座流星群2020年【岡山】見える場所は?

ペルセウス座流星群は、周囲が開けた場所でよく見ることが出来ます。

また、周りに光が多いと星がかすんでしまうため、明かりがない場所がいいですね!

井原市星空公園(小田郡井原市美空町)

「美空町」という地名のとおり、きれいな星空が見える場所で「キレイな星空が見られる場所ベスト3」にも選ばれています。

周辺の人工の明かりも町の条例で取り決めをしていて、「光害」による空の見にくさを防いでいます。

鬼女台(きめんだい)展望所(鳥取県日野郡江府町)

岡山県と鳥取県の県境に位置する山の上の展望所です。

360°のパノラマで観察することができます。

遙照山総合公園(浅口市金光町)

展望台・グラウンド・芝生公園があります。

敷地内にトイレもあります。

 

ペルセウス流星群は、空全体に流れます。寝転びながらゆっくり見られたら見やすいと思います。

ペルセウス座流星群2020年【岡山】ピークの時の天気は?

ペルセウス流星群の活動の最大のピークは2020年8月12日です。

8月12日~13日の岡山の天気は両日とも晴れ時々曇りの予報です。

空に曇が出ないといいですね。

8月12日前後の天気が崩れないことを祈りたいですね!

8月12日の朝の天気予報では、12日は曇り時々雨、13日は曇り時々晴れでした。雲が少なく天体観測ができる夜空になりますように!!

 

 

スポンサーリンク

ペルセウス座流星群とは?

ペルセウス座流星群は、数多い流星群の中でも人気のある流星群です。

  • 高速で明るい流星が多い
  • 「痕(こん)」とい流星が消滅した後に残る雲(煙)のようなもの

など、見ごたえがあります。

望遠鏡などなくても肉眼で観察できるのも嬉しいポイントですよね。

三大流星群のうちの一つです。

三大流星群とは

  • しぶんぎ座流星群(1月4日ごろ)
  • ペルセウス座流星群(8月13日ごろ)
  • ふたご座流星群(12月14日)

のことで、ほぼ毎年見ることのできる流星群です。

天気や場所の条件がいいと、1時間に80個以上の流星を見ることもできます!

夢のような世界に入れそうですね。

スポンサーリンク

天体観測の時の準備物

外で流星群を観察するときに持っていくと便利なものです。

  • 懐中電灯
  • (寝転がる用の)マット・シート
  • 夜食
  • ゴミ袋
  • 虫よけスプレー
  • 長袖
  • 夏の星座の早見表

ペルセウス流星群は、決まった方角で現われるのではなく、天体全体で見えます。

まんべんなく空を観察できるよう、寝転び姿勢の観察が首が疲れにくく、リラックスして見えておすすめです。シートやマットを持っていくといいですよ!

合わせて夏の星座もできるので、星座の早見表もおすすめです。

まとめ

2020年ペルセウス流星群(岡山)についてお伝えしました。

  • 2020年のペルセウス座流星群のピークは、12日深夜から13日の未明
  • 岡山の月の出は12日23:44。下弦の月
  • すべての方角で見ることが出来るが、月や街の明かりがない所がおすすめ。
  • 天気は8月7日の時点で晴れ時々曇りの予報

天気にめぐまれて多くの流れ星が見られたらいいですね!

【合わせて読みたい】

★ペルセウス座流星群2020広島で見える場所や方角や時間は?天気も調査

★ペルセウス座流星群2020山口で見える場所や方角や時間は?天気も調査

★ペルセウス座流星群2020福岡で見える場所や方角や時間は?天気も調査

広島では8月11日にサプライズ花火の打ち上げがありました。(画像アリ)

◆広島の花火大会(8月11日)の場所や時間は?中継はある?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク