ペルセウス座流星群2021福岡で見える場所や方角や時間は?天気も調査

毎年、お盆の時期に幻想的な美しさを放つペルセウス座流星群。

夏の風物詩と言われ、楽しみにしている方も多いですよね。

2021年のペルセウス座流星群は7月17日~8月24日の間で観測できます。

福岡の極大(活動のピーク)の時間は8月13日明け方4時ごろ!

いい天気になって多くの流れ星が見えたらいいですね。

コロナの影響で、残念ながら今年も大勢でわいわいと集まって眺めることは叶いませんね、、。

願いを込めながら、のんびりと星空を堪能しましょう。

2021年のペルセウス座流星群を見える場所(福岡)や方角や時間は?天気についてお伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ペルセウス座流星群2021年【福岡】見える時間は?

2021年のペルセウス座流星群のピークは、13日明け方4時です。

8月12日〜8月14日のピークの前後から注目して空を見上げましょう。

今年は8年ぶりに条件が良く、例年よりさらに美しくペルセウス座流星群が見れるそうです!

ピークを迎える8月13日前後は、月の輝面率が低く月明かりを気にせずに鑑賞できます。

月は21時ごろに沈むそうです。

好条件によりさらに見えやすいですね。見逃せません!

1時間に30個の流れ星が見える予想ですが、流れ方はランダムです。続けて流れることもあれば、10分以上見えないことも…

暗い星空に目が慣れるまでに15分ほどかかると言われています。

しばらく見えなくても15~20分は空を見続けた方がいいそうですよ~!

ピークは8月13日4時ごろですが、流星群は7月17日~8月24日の間で流れています。

スポンサーリンク

ペルセウス座流星群2021年【福岡】見える方角は?

ペルセウス座流星群は、見える方角は決まっていません。すべての方角で見ることが出来ます。

その中でもおすすめの方角は

「北東の空」

です。

ペルセウス座流星群は流れる方向は決まっていなくて、散らばるように流れます。

その流星群の放射点(天球上の流れ星の中心点。ここから放射状に流れるように見える)

ただ、月のあかりがあると見えにくくなるので、月などの光をさえぎると、より見やすくなります。

月を背に向けたり、街の明かりが少ない場所で観察することがおすすめです。

 

  • 月は東⇒南⇒西へ進む
  • 流星群の放射点のγ星があるのは北西

ということで、北東の方角だと見えやすいと思います。

しかし、流星群は放射点の方向だけに星が飛ぶわけではなく、方角や高さに関係なく、空全体いろいろなところに流れます。

一点を凝視するよりは、空全体をながめると見えやすいようです。

条件が合ってたくさんの星が見えたらいいですよね!

ペルセウス座流星群2021年【福岡】見える場所は?

ペルセウス座流星群は、周囲が開けた場所でよく見ることが出来ます。

また、周りに光が多いと星がかすんでしまうため、明かりがない場所がいいですね!

油山片江展望台(福岡市城南区)

福岡市の油山展望台は、市内の人気夜景スポットです。

中心部から約30分で到着します。

とても綺麗に星空が見えそうですね。

ペルセウス座流星群だけでなく暗い場所では天の川や木星も見え、星空はとても華やかなんだそう。

どこで鑑賞するかあらかじめ決めておきたいですね。

米ノ山展望台(糟屋郡篠栗町)

標高は594ⅿで、山頂の周りは遮るものがないので、天体観測に適しています。

山頂までは狭い林道なので車の運転には注意が必要です。

夜景もとても綺麗ですね!

混雑すると思いますので、気をつけて向かってくださいね。

平尾台(北九州市小倉南区平尾台)

展望台もある公園です。

北九州の中心から車で約1時間ほどで行けます。

桔梗が美しく咲く平尾台。

空が暗くなるまで、日没を楽しむのもいいですね。

星の文化館(八女市星野村)

標高699mの宇根山にある天文台です。

美しく見える場所がたくさんあって迷ってしまいますね!

去年はコロナの影響により駐車場が封鎖され、周辺の道が混雑した場所があったようです。

今年も同じく、封鎖されたことにより混雑が生じそうです。

予め情報をチェックして、スムーズに鑑賞できるように場所を決めておくといいですね。

ペルセウス座流星群2021年【福岡】ピークの時の天気は?

ペルセウス座流星群の活動の最大のピークは2021年8月13日です。

8月12日~14日の福岡の天気は、残念ながらまだ予報が出ていません。

去年の8月12日~14日の天気は全て晴れでした。

今年も8月12日前後の天気が崩れないことを祈りたいですね!

詳しい天気予報が分かり次第記事を更新します。

ペルセウス座流星群とは?

ペルセウス座流星群は、三大流星群のうちの一つです。

三大流星群とは

  • しぶんぎ座流星群(1月4日ごろ)
  • ペルセウス座流星群(8月13日ごろ)
  • ふたご座流星群(12月14日)

のことで、ほぼ毎年見ることのできる流星群です。

流れ星というと、寒い中防寒して見るというイメージが強いですが、ペルセウス座流星群は鑑賞しやすい季節なのがとても魅力的!

服装も荷物も身軽な状態で、芝生の上に寝転がることもできます。

より自然を堪能できて夏の思い出になりますね。

 

スポンサーリンク

まとめ

2021年ペルセウス座流星群(福岡)についてお伝えしました。

  • 2021年のペルセウス座流星群のピークは、13日明け方4時
  • 今年は月明かりも暗く8年ぶりの好条件!
  • すべての方角で見ることが出来るが、月や街の明かりがない所がおすすめ。

天気にめぐまれて多くの流れ星が見られたらいいですね!

2021年のペルセウス座流星群【山口】【広島】【岡山】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク