名取燎太(東海大)の出身中学校は?佐久長聖高校時の記録も凄かった!

名取燎太選手は、東海大学の3年生で、2020年の箱根駅伝での活躍が注目されている選手です。

出身は、東海大学の両角速監督と同じ長野県です。中学校でもいい走りをしていました。

佐久長聖高校時代も、全国高校駅伝で区間賞を2年連続で獲得するなど記録も凄かったのです!

名取燎太(東海大)の出身中学校は?佐久長聖高校時の記録も凄かった!についてお伝えします。

【追記】

2020年は箱根駅伝のエントリーが発表されました!

名取燎太選手は「補欠」選手でした。

しかし、4人までは、すでに「エントリーしている選手」と「補欠選手」との入れ替えが可能です。

筆者予想では、名取燎太選手は4区か9区で走るのでは?と予想します。隠し玉選手として、事前には公表しなかったのではないでしょうか。(あくまで筆者予想です)

追記・2020年は4区で走ることになりました!

朝の発表が待たれます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

名取燎太(東海大)の出身中学校は?

名取燎太選手(東海大)の出身は長野県です。

出身中学校は長野県の富士見中学校です。

名取燎太選手は、中学校の時に

5000m走15分45秒という中学校時の長野県記録を作っています。

名取燎太選手は、中学校時代から記録を塗り替えた(しかも「県」の記録)凄い選手だったのですね!

長野県出身といえば、東海大学の両角速(もろずみ はやし)監督と同じです。長野県は名ランナーを多く輩出している県なのですね!

名取燎太(東海大)は佐久長聖高校出身!記録が凄い!

名取燎太選手は、長野県の佐久長聖高校の出身です。

佐久長聖高校は、名取燎太選手が高校三年生の時の2016年に、19年連続19回目の全国高校駅伝出場を果たしています。

名取燎太選手は、花の1区を29分22秒で走り、区間賞を獲得しました。

驚くことに、その時の1区の1~3位は、現在の東海大学の3年生トリオの燎塩澤稀夕(きせき)選手、西田荘志選手でした!

この時の1区(10km)の結果は

  • 区間賞:名取燎太選手(29分22秒)長野県・佐久長聖高校
  • 2位:塩澤稀夕選手(29分27秒)三重県・伊賀白鳳高校
  • 3位:西田壮志選手(29分28秒)熊本県・九州学院高校

ここで花の1区を走り、さらに1位、2位、3位だったメンバーが同じ東海大学に進み、チームメイトとして箱根駅伝に向かっている…すごい運命ですね。

名取燎太選手は、高校時代は全国で活躍する大物選手に成長していました!

名取燎太選手の活躍が、佐久長聖高校の活躍につながっていたのですね。

名取燎太の東海大学の記録は?ケガとの戦いだった!

名取燎太選手は、両角速監督率いる東海大学に進学します。

しかし、大学1.2年生の時は、怪我による故障で苦しみました。

2年生の秋から、チームとは別で両角監督とマンツーマンとなって練習をし、3年生となった2019年は、ハーフマラソンを中心に活躍しました。

怪我から復帰後の2019年、3年生で挑んだ全日本大学駅伝では、三大駅伝の初出走とは思えない走りで周囲を驚かせました。

8区区間の2位という名取燎太選手の活躍もあり、東海大学は16年ぶりの優勝を手にしました。

名取燎太選手は、全日本大学駅伝に臨んだ時の心境をインタビューで答えていました。

緊張はしましたが、不安はなく、いざスタートラインに立ったら、自信を持って走り始めることができました。

と答えています。

名取燎太選手は4年生に見劣りしない走りをする、東海大学の主力選手です。ここまでの練習も実を結び、箱根駅伝に向けて上がり調子のようです。

箱根駅伝での走りに期待が高まります。

名取燎太(東海大)の箱根駅伝2020の見通しは?

東海大学は、2020年の箱根駅伝では連覇がかかっています。

名取燎太選手は、箱根駅伝では復路の長距離区間を考えていました。

しかし、全日本大学駅伝で、8区を57分台で走ることができ、箱根では2区を走りたいと思うようになったそうです。

去年の東海大学の2区は、湯沢舜選手(当時4年生、現在SGホールディングス)が1時間08分05秒で走りました。

名取燎太選手は、「2区を走るなら最低でも1時間7分台が目標となる。これまで2区は頭になかったから、残りの期間で準備していきたい」と語っています。

【追記】

2020年は箱根駅伝のエントリーが発表されました!

名取燎太選手は「補欠」選手でした。

しかし、4人までは、すでに「エントリーしている選手」と「補欠選手」との入れ替えが可能です。

筆者予想では、名取燎太選手は4区か9区で走るのでは?と予想します。隠し玉選手として、事前には公表しなかったのではないでしょうか。(あくまで筆者予想です)

朝の発表が待たれます!

追記・4区で走ることが決まりました!

箱根駅伝の4区&9区はどんな区間?

◆箱根駅伝の4区は往路・2020年1月2日(木)に走ります。

4区の特徴は

・10個の橋

・細かな起伏

・最後に待ち受ける登り坂

・距離は20.9km

・2019年の区間賞、大会新記録ともに、東洋大学の「相澤晃」選手(当時3年)

です。

「相澤晃」選手は今年は「花の2区」でエントリーされています!

2区は東海大学は「塩澤稀夕(きせき)」選手のエントリーです。

◆箱根駅伝の9区は復路1月3日に走ります。

9区は「復路のエース区間」です。

特徴は

・権太坂の下り坂と横浜市街のペース

・全体的にスピードのコントロールがカギ

・距離23.1km

・2019年の区間賞は「青学大の吉田圭太選手(当時2年生)」の1時間08分50秒

です。

名取燎太選手は、全日本大学駅伝で区間2位でありながらMVPを獲得しています。箱根駅伝での走りも期待が高まっています。楽しみですね。

スポンサーリンク

名取燎太(東海大)のプロフィールは?

名取燎太選手のプロフィールです。

名前:名取燎太(なとり りょうた)

生年月日:1998年7月21日(2019年12月現在21歳)

出身地:長野県

身長:169cm

体重・56㎏

血液型:O型

自己ベスト:
5000m13分52秒61(2016年)
10000m29分26秒60秒(2017年)
ハーフ1時間03分04秒(2019年)

大学1、2年生の時は、故障により思うような成績が残せていないので、2020年の箱根駅伝では、納得のいく走りができたらいいですね。

スポンサーリンク

名取燎太(東海大)の出身中学校は?佐久長聖高校時の記録も凄かった!のまとめ

名取燎太(東海大)の出身中学校は?佐久長聖高校時の記録も凄かった!についてお伝えしました。

東海大学の名取燎太選手は、長野県出身です。

箱根駅伝での活躍に注目が集まります。

【合わせて読みたい】

東海大学の駅伝「3年生トリオ」塩澤稀夕(きせき)選手・西田壮志選手についてはこちら!

 

■西田壮志(東海大)の出身高校は?経歴や身長・体重・家族構成に迫る!

東海大学駅伝部・両角速(もろずみ はやし)監督の記事はこちら!

■東海大の駅伝監督の両角速(もろずみはやし)の経歴は?本の出版もしていた!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク