鬼滅の刃の映画無限列車は年齢制限ある?PG12指定とR15の違いは?

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編は2020年10月16日金曜日公開です。

鬼滅の刃と言えば、怖い場面も多い作品ですよね。

子どものファンも多い鬼滅の刃ですので、劇場版では年齢制限があるかがすごく気になります。

年齢制限でR-15になると、子どもは見られないことになります。

PG-12は、保護者の同伴が推奨されていますが、子どもでも見ることが出来ます。

鬼滅の刃の映画無限列車は年齢制限ある?PG12指定の噂の真相についてお伝えします。

鬼滅の刃の映画無限列車は年齢制限ある?

鬼滅の刃の映画無限列車は年齢制限あるのか、はっきりしていませんでした。

鬼滅の刃は、血が流れるシーンがあるので、年齢制限があってもおかしくないような作品です。

年齢制限について心配する声もネット上に多くありました。

一方、映画の前売り券は販売中で、「大人」の他に「小人」のチケットも販売中です。

「小人」の年齢は劇場によっても変わりますが、3歳以上からチケットが必要、という劇場が多いようです。

【追記】

PG12の作品に決定しました!

映画公開前まで、年齢制限があるかどうかは、はっきりとは分かりませんでしたが、PG12に決定しました。

保護者同伴なら小学生以下でも見ることができるので、鬼滅の刃ファンのキッズたちも一安心ですね。

鬼滅の刃の映画無限列車は年齢制限ある?PGとRの違いは?

鬼滅の刃の映画「無限列車編」は年齢制限(レイティング)は、PG12でした!

PG12は、保護者同伴をおすすめする作品、ということです。
小学生以下の子どもも見ることが出来ます!
映画のレイティングとは、映倫=映画倫理機構が定めた、映画鑑賞における年齢による鑑賞制限のこと。マークによって年齢制限があり、鑑賞できない・入場に規制があったりします。日本では映倫が定めた4種類のマークで分類されています。

PGは、「Parental Guidance」の頭文字で、「保護者の指導」という意味になります。

Rは、「Restricted」の頭文字で、「観賞制限」という意味があります。

Rは鑑賞制限なので、それ以下の年齢は「見ることができない」という強いきまりになっています。

表現英語意味
GGeneral Audiences全年齢対象
誰でも鑑賞可能
PG-12Parental Guidance小学生以下の子どもが視聴する際、保護者同伴をオススメする(保護者の助言・指導が必要)
R15+・R-15「R」=Restricted(観賞制限)15歳未満の方の入場・鑑賞が禁止
R15+・R-1518歳未満の方の入場・鑑賞が禁止

PG12の場合は、保護者同伴であれば子どもも見ることが出来ますね!

PG12となれば、事前に前売り券を買っていても無駄になることはありませんね。

 

まとめ

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の年齢制限についてお伝えしました。

  • 制限が出るとしてもPG-12(12歳以下は保護者同伴が望ましい)
  • 前売り券は、「小人」(3歳以上:劇場によって異なる)の販売もされている

ということが分かりました。

 

子どもの前売り券も販売されていますし、子どもが見ることが出来ないことはないと思います。

鬼滅の刃ロスの中の映画の公開は嬉しいですね!待ち遠しいです。

【合わせて読みたい】

◆鬼滅の刃の映画2020の前売り券の特典グッズは?コンビニで買える?