河井克行の実家は薬局?性格や評判は実際はどうなの?

2019年大臣電撃辞任となった前法相の河井克行衆議院議員。実家や経歴、噂される性格などの横顔を調査!

実家は薬局で資産家。独立開業の薬局とみられ、裕福な家庭が河井克行氏の政治家になるための勉強の支えになった模様。

衆議院7選のベテラン議員でも地元では性格など人柄の評判が悪い?一方で複数の内閣で要職を歴任し、自民党内からは厚い人望の持ち主。

昨今報道や週刊誌で何かと話題の河井克行氏について経歴などを調査し、まとめました。

河井克行の実家は?父が薬局を経営していた?

河井克行氏の実家は広島で薬局を経営しており、実家は資産家と言われています。

薬局を営む実家は広島でも裕福な家庭として有名です。独立開業の薬局経営者の年収は1500万円から3000万円と言われ、薬剤師の平均年収の約540万円の少なくとも3倍以上になるようです。資産家として有名な実家の年収は2500万円はあるのではないかと推測されています。

河井克行氏は政治家として親族と世襲等の関係が一切ありませんが、河井克行氏は私立の慶應義塾大学卒業後に、就職せずに松下政経塾に入塾していることから、やはり実家はかなり裕福であったと考えられます。

 

河井克行の出身高校や大学などの学歴は?

河井克行氏の出身高校や大学など学歴とプロフィールを紹介します。

河井克行氏は、1963年3月11日生まれで広島県三原市出身の57歳(2020年5月時点)。自由民主党衆議院議員で前法務大臣です。衆議院議員として7選のベテラン議員で、自民党内では派閥に属さない無派閥として活動しています。

広島市立安小学校を卒業後、私立の広島学院中学校・高等学校を卒業、慶應義塾大学法学部政治学科に進学、卒業しました。大学での専攻は「東南アジアの国際政治」。

大学卒業は1985年で、卒業後就職をせずに松下政経塾に入塾します。途中、1988年に米国オハイオ州デイトン市行政管理予算局国際行政研修生として留学を挟み、1990年に松下政経塾を卒業、故郷広島へと戻ります。翌1991年の広島県議会議員選挙に広島市安佐南区選挙区から立候補して当選、政治家としてのキャリアスタートとなりました。

 

河井克行の経歴は?

河井克行氏の政治家としての経歴を紹介します。

前で述べたように、1991年の広島県議当選が河井克行氏の政治家としてのスタートでした。その2年後、1993年には初めての国政選挙として衆議院議員総選挙旧広島1区から自民党候補として立候補するも落選、次の1996年の衆議院議員総選挙では広島3区から自民党公認で立候補し、初当選を果たします。

2000年の衆議院議員総選挙では選挙区・比例区とも落選という結果になりますが、この浪人時代に妻の河井あんり氏と出会い、2001年に結婚します。仲人は故橋本龍太郎元首相でした。

2003年の衆議院議員総選挙では比例中国ブロックから立候補、見事当選して国政に復帰。2004年には第2次小泉改造内閣で外務大臣政務官を務め、その後様々な内閣で要職を務めることになります。

2005年衆議院議員総選挙では広島3区から立候補して当選、2007年には第1次安倍改造内閣では法務副大臣を担当。2009年衆議院議員総選挙では選挙区ではなく比例中国ブロックからの出馬で当選、2012年の衆議院議員総選挙では広島3区から出馬で当選し、衆議院外務委員長を務めます。その後2014年、2017年の衆議院議員総選挙でも広島3区からの出馬で当選し、現在7選のベテラン議員となっています。

2019年9月11日の第4次安倍第2次改造内閣で法務大臣に就任するも、およそ1カ月半後の10月31日に辞任。また2019年夏の参議院議員選挙では妻の河井あんり氏が広島選挙区で初当選を果たしています。

第4次安倍内閣第2次改造内閣での法務大臣就任は短命に終わりましたが、これまで内閣の要職として、第3次小泉内閣、第1次安倍改造内閣、福田内閣、第3次安倍改造内閣、第3次安倍第2次改造内閣で内閣総理大臣補佐官などのポストを務めるという華麗なキャリアの持ち主。自民党内でも内閣が変わる度に役職の再任や新しい役職が与えられるエリート議員です。

 

前でも述べましたが、河井克行氏は政治家の家系ではなく、大学卒業後に松下政経塾に入塾していることから、慶應義塾大学法学部へ進学する頃から強い政治への関心・政治家への志があったのだろうと考えられます。それを経済面で支えていたのが資産家として裕福な独立して薬局を営んでいた実家の経済事情ということになります。

子どもの頃のあだ名は「スネ夫」だったそうで、一説には家庭が裕福であったことからそのようなあだ名が付けられたと言われています。またそういう家庭環境から、性格が周囲から敬遠されてのあだ名だったとも…。

ともあれ、途中浪人の経験もあるものの、2017年に当時54歳で衆議院議員7選を果たしたベテラン議員です。

 

河井克行氏のマスコットキャラクターは「あらいぐま」

オフィシャルブログは『あらいぐまのつぶやき』で、TwitterやFacebookのアイコンもあらいぐまになっています。さらに公式動画は『あらいぐまの雄叫び』と題してYouTubeとニコニコ動画に投稿を行っています。「あらいぐま」の由来ははっきりとはわかりませんが、一部ネット上では河井克行氏のことは “あらいぐま” で通るぐらい認知されているようです。

 

河井克行の家族は?妻のあんりの間に子供は?

河井克行氏の家族は妻の河井あんり氏(自民党参議院議員、広島選挙区)だけで、二人の間に子どもはいないとみられています。

河井克行氏の公式ホームページのプロフィールでも、家族について「妻・河井あんり」という記載だけです。河井あんり氏の公式ホームページでも、経歴の中に家族として「夫 (河井克行)」とだけ記載されています。また、二人の結婚は2001年のことで、妻のあんり氏は2003年に広島県議会議員に当選、政治家としてのキャリアをスタートさせています。結婚後に子どもができていれば、忙しい政治活動に育休などの影響が出て公表されるはずですが、そのような情報が無いことからも二人の間に子どもがいないことがわかります。

【合わせて読みたい】
妻・河井あんり議員はかわいい?野心家?
◆河井あんり(案里)は子供いる?学歴やかわいいと言われる理由は?

河井克行の性格や評判は?

河井克行氏の性格や世間からの評判は残念なものが多いのが実情です。

衆議院議員7選のベテラン議員である河井克行氏は、自民党無派閥でありながら、内閣の要職は小泉内閣、安倍内閣でのほか、福田康夫内閣でも法務副大臣を務めた経歴があり、自民党内では幅広い人望を集めていることがわかります。

それだけに世間の評判とのギャップの対照的な様子が強く浮き彫りになります…。

 

性格などの悪い評判については、現政権に批判的な立場の週刊誌や、何かと話題を振り撒く「週刊文春」の記事が元になっているものも多いのですが、地元広島の有権者による “生の声” も一定数見られます。また、最近の色々なこともあり、性格などに関する地元有権者からの擁護の声はなかなか見つけ出すことができませんでした。

表と裏の顔や性格の差が激しい人なのでしょうか…。

 

河井克行の実家は薬局?性格や評判は実際はどうなの?のまとめ

河井克行氏の実家や学歴、政治家としての経歴と噂される性格や評判についてまとめました。

実家は薬局を営んでおり、かなり裕福な家庭のようで、その恩恵もあり河井克行氏は大学や松下政経塾で政治の勉強に打ち込むことができたようです。

政治家としては、松下政経塾卒業の翌年に広島県議として政界入りを果たし、国政選挙では2度の落選を経験するも現在衆議院議員7選のベテラン議員。小泉・福田・安倍内閣で要職を務め、短期間ながら大臣にも任命された経歴から自民党内では人望の厚い存在。

一方で性格などの評判の世間とのギャップが激しい人物像も見えてきました。週刊誌を賑わすのも、ここ最近だけでなく、確認できただけでも2016年頃からあるようです。しかし衆議院議員総選挙の広島3区からの当選は通算5回、直近では2012年から3回連続で小選挙区での当選を果たし、地元の評判とは裏腹に票は確実に獲得する謎多き政治家というイメージも抱きました。

【合わせて読みたい】
妻・河井あんり議員はかわいい?野心家?
◆河井あんり(案里)は子供いる?学歴やかわいいと言われる理由は?

大阪吉村知事はイケメン!高学歴!
■吉村洋文知事イケメン画像まとめ(マスク姿も)嫁美人で子供は双子!
■吉村洋文大阪府知事の兄弟や実家の父母はどんな人?結婚後の自宅は?
■吉村洋文知事が有能すぎ!学歴と経歴からもキレ者感あふれてる

北海道の鈴木知事の記事はこちら▼▼
■北海道知事鈴木直道はイケメンで嫁も凄い!?子供はいないが愛妻家!

全国のイケメンと言われている知事は…?
▶イケメン知事は誰?年収は?全国知事のランキング2020年

千葉市長もイケメンで行動力に注目が集まっています。
■熊谷俊人千葉市長の結婚や子供は?イケメンで共働き中だった!

日テレ「news every.」藤井アナのコメントまとめて集めました!
■日テレ藤井貴彦アナの名言が響く!「newsevery.」のコメントまとめ