ヒゲダン(Official髭男dism)の経歴や魅力は?メンバーの年齢差の理由は??

ヒゲダン(Official髭男dism)は、2019年の紅白歌合戦への初出場を決めました。

2019年にぐんと知名度を上げ、注目されたアーティストですね。

ヒゲダン(Official髭男dism)は2018年に月9ドラマの主題歌をうたい、そこからメジャーデビューをしました。活躍が凄いですよね!ヒゲダンの経歴は??魅力は??

また、メンバーの年齢差は最大6歳です。同級生バンドかなーと思っていたので意外でした。

ヒゲダン(Official髭男dism)の経歴や魅力は?メンバーの年齢差の理由は??についてお伝えします。

【合わせて読みたい】

◆ヒゲダン(Official髭男dism)のアルバムのおすすめは?人気の理由はドラマ?

■ヒゲダン(Official髭男dism)の紅白の時間と曲は?プロフィールも調査!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヒゲダン(Official髭男dism)の経歴は?

ヒゲダン(official髭男dism)は、2012年6月7日に結成した4人組のピアノPOPバンドです。

最初は地元の山陰で活動していました。「音楽シーンや大きなライブハウスもなく、スポットライトが当たる機会が少なかった」ということで、音楽に専念するため上京します。

2015年に最初のミニアルバムを発表します。ブラックミュージックの要素を取り入れた楽曲でカッコいい!次来るんじゃない?と音楽ふぁんから注目されます。

藤原聡さんは、「もともと“武道館でライブをやりたい”みたいな目標はなくて、いい曲を作ることだけを考えてました。将来のビジョンが少しずつ生まれてきたのは、東京に来てから。同じ事務所だったSEKAI NO OWARIを見て、刺激を受けたことも大きかったです」

とインタビューに答えたこともありました。

2018年1月にはテレビ朝日系の音楽番組『関ジャム 完全燃SHOW』で、音楽プロデューサー・蔦谷好位置さんがヒゲダンをプッシュしました!

ヒゲダンのファンには、他にはaikoさんやASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文さんなど大物がたくさんいます。

2018年4月に「ノーダウト」(フジテレビ系月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』主題歌)で突如としてメジャーデビュー。

2019年は「Pretender」、「宿命」(『熱闘甲子園』テーマソング)と次々にヒット曲を生み出して知名度人気度急上昇の年となりました。

ヒゲダンはメジャーデビュー前から、大物アーティストからも「いい!」と思われていたバンドだったのですね!

ヒゲダン(Official髭男dism)のバンド名の由来は?

バンド名を付けたのは楢﨑誠さんです。

「髭が似合うような年齢になっても、音楽をワクワクとした気持ちで作っていきたい」という願いが込められています。

しかし、名前を付けた時は意味はなかったようです。驚きです!

当初は「インパクト」で決めたようです。

・耳で聞いたときのインパクト

・視覚的なインパクト(漢字とローマ字の組み合わせは珍しいから覚えやすいだろう)

これらのインパクトからバンド名が決まりました!

ちなみに…「Official」には特に意味はないようです。

髭男dismだけだと、ちょっと違うかなと感じて、Officialをつけた方が美しいなという理由でした。

ヒゲダンメンバーも、初めてこの名前を聞いたときは大ウケで、ふざけてつけた所もあるようようです。

その後「髭が似合うような~」の意味を込めることができたということです。

漢字とアルファベットの組み合わせの、珍しいバンド名にはこのようないきさつがあったのですね!バンド名をつけている姿を想像しても、メンバー仲がいいんだろうな、と思います。

これからの活躍も楽しみです!

ヒゲダン(official髭男dism)の魅力は??

筆者は、透き通った声と胸に突き刺さる歌詞!と思いますが、世間の皆さんの声はどうでしょうか?

ボーカルの藤原聡さんの歌や声がすばらしいのはもちろん、他のメンバーの音楽センスがあるから、髭男は魅力的なバンドなのでしょうね!

ベースとサックスを担当している楢﨑誠さんは、元警察音楽隊に所属していました。メンバーがそれぞれ、個性と才能がありますよねー。

「ヒゲダン」はメンバー全員が音楽を楽しんでいるのがつたわるので、それが魅力なのでしょうね!

ヒゲダン(official髭男dism)のメンバーの年齢差の理由は?

ヒゲダン(official髭男dism)のメンバーは年齢差があります。理由があるのでしょうか?

藤原聡さんと松浦さんと楢﨑さんは、同じ島根大学の先輩後輩でした。小笹さんは島根大学の隣にある松江工業高等専門学校に通っていました。

なので全員の歳がバラバラです。

藤原聡さんは、この3人それぞれとコピーバンドをしていました。3人の人柄やプレイテクニックを知って、信頼していました。よりいい音楽を作るために、藤原聡さんがみんなに「一緒にバンドをやろうよ」と声をかけたことからヒゲダンというバンドが結成されました。

藤原聡さんが中心となってバンドができたのですね!年齢差があっても惹かれ合う音楽性だったのですね。

ヒゲダンメンバーが出会えて、ヒゲダンというバンドができた奇跡に感謝です!

スポンサーリンク

ヒゲダン(Official髭男dism)の経歴や魅力は?メンバーの年齢差の理由は??のまとめ

ヒゲダン(Official髭男dism)の経歴や魅力は?メンバーの年齢差の理由は??についてお伝えしました。

ヒゲダンの魅力は、メンバー同士の信頼感と仲の良さだと感じました!

◆◆

ドラマ『コンフィデンスマンJP」の主題歌は『ノーダウト(アルバム『エスカパレ―ド』に収録)

映画『コンフィデンスマンJP ロマンス編』(2019年)の主題歌は『Pretender』(アルバムTraveler』に収録)

【合わせて読みたい】

▶ヒゲダン(Official髭男dism)のアルバムのおすすめは?人気の理由はドラマ?
▶ヒゲダン(Official髭男dism)の経歴や魅力は?メンバーの年齢差の理由は??

ヒゲダン主題歌の映画やドラマはこちら!恋づつコンフィデンスマンJP
▶恋つづ7話のネタバレは?あらすじ感想と天童先生のキスの振り返り‼
▶コンフィデンスマンJPの映画続編の前売り券特典は?グッズは何がある?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク