八村塁の父親の仕事は?弟はミライモンスターに出演していた?

八村塁の父親の仕事は?弟はミライモンスターに出演していた?

八村塁選手は、NBAドラフトで上位指名されて注目された選手です。日本バスケ界の星として注目されています。

そんな八村塁の父親や弟、家族について調べてみました!

八村塁の父親の仕事は?弟はミライモンスターに出演していた?調べてみました。

八村塁がバスケを始めたきっかけ

八村塁選手は父親がベナン人、母親が日本人のハーフになります。

八村塁選手は、バスケを始めたのは中学生からでした。小学校までは陸上や野球を経験していました。

八村塁選手は中学入学の時、バスケ部ではなく他の部活に入ろうとしていました。

身長が大きい八村選手のうわさを聞いたバスケ部のコーチが「バスケ部の練習に連れてきて」と八村選手の小学校の同級生に頼み、それがきっかけでバスケ部を始めたようです。

八村塁選手は幼いころからバスケをしていたのでなく、コーチからの誘いだったのですね。バスケを始めて短期間で日本を代表する選手になったのですね。

八村塁の父親の仕事は?バスケ経験者?

八村塁選手の父親は、ジャビロウ・ザカリさんです。

西アフリカのベナン出身で、日本が好きで来日し、富山で仕事を始めました。

八村塁選手の父親の仕事は、現在、富山県内で居酒屋を営んでいるようです。

八村塁選手の父親のザカリさんも元々バスケをしていました

2016年1月にTBSの「NEWS23」の「未来のアスリート名鑑」というコーナーで八村塁選手が紹介され、父親のザカリさんもバスケ経験者ということが分かりました。

八村塁は父親の居酒屋をきっかけにスーパースターと出会う!

八村塁選手は父親の居酒屋で、バスケのスターとの出会いもあった!

バスケの元日本代表選手(現在は大阪エヴェッサ所属)の、アイラ・ブラウン選手は、八村塁選手の父親が経営する居酒屋の常連でした。

アイラ・ブラウン選手は、2011年~2014年まで富山のグラウジーズに所属していました。当時、八村塁選手は中学生でした。

また、アイラ・ブラウン選手は八村塁選手と同じゴンザガ大学の元OBです。日本代表として同じチームでプレイしたこともあります。

八村塁選手の父親はバスケットボールの経験者、知り合いにバスケのスターもいる。バスケットボールを始めるというのは、必然だったように感じますね!

八村塁の母親は?

八村塁選手の母親は富山県出身の日本人で、八村麻紀子さんとおっしゃいます。

八村塁選手の母親の麻紀子さんは過去に外国語の活動講師をされていました。富山県の小学校で外国語の授業もしていたようです。

外国語の活動講師ということなので、授業で教えるだけでなく、他の活動もされていたのかもしれません。そういった中で、八村塁選手の父親のザカリさんと出会ったのかもしれません。

八村塁選手はNBA受賞のインタビューの時、「両親は英語ができるが自分はできない。習っていればよかった」と語っていました。ご両親とも英語が堪能なのですね!

八村塁の兄弟は?

八村塁選手は4人兄弟の長男です。下に弟一人と妹二人がいます。

八村塁選手の弟は、八村阿蓮(はちむらあれん)さんといいます。

妹は、まりちゃんと安美奈ちゃんです。妹は二人ともバスケットボールをしています。

家族みんな仲が良いようです。八村塁選手は温かい家庭で育ったのですね。とても微笑ましいですね。

八村塁の弟は「ミライモンスター」に出演していた?

八村塁選手は弟が一人います。八村阿蓮(はちむらあれん)さんといいます。

八村塁選手より二つ年下です。

八村塁選手の弟の八村阿蓮さんも、八村塁選手と同じバスケットボールの名門の明成高等学校(宮城県)に進学しています。

明成高等学校は、練習は「手を抜けない」という厳しいものだったようです。一日2時間以上練習していました。

八村阿蓮さんは国体では宮城県代表、高校三年生の時にはウインターカップを奪還しています。

八村塁選手の弟の八村阿蓮さんは、大学はバスケットボールの超名門(プロのバスケットボールの選手を多数輩出)の東海大学に進学しました。

ここで、1年生からレギュラーとして活躍チームを5年ぶりのインカレに導き1年生で優秀選手賞に選ばれました。

一年生で優秀選手賞に選ばれたのは八村阿蓮さんだけでした。

そんな功績もあり、八村塁選手の弟の八村阿蓮さんは、「ミライモンスター」で特集されていました。

「ミライモンスター」はフジテレビで日曜日11:15~11:45に放送されている将来の可能性を秘めたアスリートの卵を特集する番組です。来年は東京オリンピックも開催されるので、そこでの活躍を目指しているアスリートも多く特集されています。

八村阿蓮さんの放送日は2019年5月26日でした。

内容は、「関東大学バスケットボール選手権大会」の密着でした。「関東大学バスケットボール選手権大会」は大学四冠のうちのひとつです。

ミライモンスターの取材で、「兄の八村塁選手に追いつけるか」というものがありました。

八村阿蓮さんは「NBAは難しいかもしれないけれど、日本代表で一緒に戦うことはできる」と答えていました。

兄弟ともに頑張っており活躍しています。近い将来実現してほしいです。

八村塁とNBA

八村塁選手は”マーチマッドネス“と呼ばれるNCAAトーナメント(全米大学選手権)に出場しました。

NCAAトーナメントでの活躍もあり、2019年6月21日に行われたNBAドラフトで、八村塁選手がワシントン・ウィザーズに1巡目の9位で指名されました!!

八村塁選手がNBAドラフトに指名されたきっかけの一つが、2018年11月22日開催の「カレッジバスケットボール」という大会です。八村塁選手が所属するゴンザガ大学が優勝しました。

ゴンザガ大学は、全米大学体育協会(NCAA)の1部に所属しています。

八村塁選手は、2019年6月22日に日本人初で「エア・ジョーダン」(ナイキ社のバスケットシューズ)と契約しました。

2019年7月6日にサマーリーグで、NBAデビューをしました。

結果は、出場時間34分、14得点・5リバウンド・1アシスト・2ブロックでした。

トータル3試合に出場し、1試合平均19.3得点というチームトップの成績でした。

八村塁選手は、華々しいNBAデビューを飾っています。NBAというすごい世界ですごい選手も多いでしょうが、今後の活躍を期待し応援しています。

八村塁のプロフィール

名前:八村塁(はちむら るい)

生年月日:1998年2月8日(21歳)
身長:203cm
体重:104kg
足のサイズ:34cm
出身地:富山県

所属:ワシントン・ウィザーズ(No・8)
出身大学:ゴンザガ大学(アメリカ合衆国:ワシントン州)
身高校:明成高校(宮城県)
出身中学:奥田中学校(富山県)

ポジション:SF/PF
息抜き:テラスハウスを観ること
苦手なもの:リス

幼少時はバスケでなく陸上の短距離と野球を経験、投手と捕手を兼任していました。中学校のバスケ部の顧問からの声掛けでバスケットボールを始めています。

八村塁選手は、バスケの強豪校の明成高等学校(宮城県)に進学しています。高校時代は、「ウインターカップ」(バスケットボールの全国大会)で3連覇しています。

大学は、バスケの名門のゴンザガ大学(アメリカ合衆国:ワシントン州)で、ここでもカレッジバスケットボール大会で優勝しています。

八村塁選手の父親もバスケットボールの経験者だったので、始めたきっかけが意外で驚きました。しかしバスケットボールを初めて数年で、様々な大会で優勝を経験し、すごい選手に成長しました。今後の活躍も期待されます。

八村塁の父親の仕事は?弟はミライモンスターに出演していた?のまとめ

八村塁選手の父親の仕事は、居酒屋の経営です。富山県で営んでいます。

八村塁選手は4人兄弟の長男です。