ふたご座流星群2020岡山の方角や天気は?ピーク時間は?

2020年のふたご座流星群は、12月14日の午前10時に極大(ピーク)を迎えます。

2020年のふたご座流星群は、好条件です!12月15日が新月なので月明かりが少なくて空気も澄んでいる季節なので、天体観測にはもってこい!

あとは天気。雲がなく多くの流れ星が見えたらいいですよね。

ふたご座流星群2020岡山の方角・天気・ピーク時間についてお伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ふたご座流星群2020年岡山で見える方角は?

ふたご座流星群は、見える方角は決まっていません。すべての方角で見ることが出来ます。流れる方向も決まっていなくて、散らばるように流れます。

ふたご座流星群の放射点(天球上の流れ星の中心点。ここから放射状に流れるように見える)は、ふたご座のカストルの近くです。

流星群は放射点の方向だけに星が飛ぶわけではなく、方角や高さに関係なく、空全体いろいろなところに流れます。空全体をながめると見えやすいですよ。

放射点の近くが多くの流星が見える訳ではないので注意してください。

逆に放射点から離れた方が長い流れ星を見ることができます。

冬の流れ星を見ることが出来たらいいですね!

ふたご座流星群2020年岡山のピークの時間は?

2020年のふたご座流星群のピーク(極大時間)は、12月14日(月)の午前10時です。

日中が極大時間となるので見えやすい時間は、

  • 12月13日(日)23時~14日6時

です。

14日に日付が変わるころには、最大で1時間あたり55個前後の流星が見られる予想です。

  • 12月14日(月)16:30~15日6時

も最大で1時間あたり20個の流星が出現の可能性があります。

ふたご座流星群は、ほかの流星群に比べて一晩中観測がしやすい流星群です。

ただ、ふたご座流星群は極大日をすぎると流星数は一気に減少するので、観測に最適な日は12月13日夜~14日明け方ということになります。

2020年は12月15日(火)が新月なので月明かりの影響が少なく観測しやすい好条件の年です!

ふたご座流星群は、外灯や月明かりがあると星が見えにくくなります。町の明かりを避けて月の出ていない方角の空を見たら良いですよ。

暗い星空に目が慣れるまでに時間がかかります。(場合によっては15分ほどかかることも)

ふたご座流星群は、観測しやすい流星群ですがしばらく見えなくてもしばらく空を見続けてみましょう。12月の外は冷え込むので、暖かい格好で観測をしましょう。

ふたご座流星群2020年岡山のピークの時の天気は?

ふたご座流星群の活動の最大のピークは2020年12月14日の午前10時です。

観測しやすいのは、12月13日(日)23時~14日(月)6時と14日(火)17時~15日(火)6時と言われています。

岡山の観測予想は「チャンスあり」です。

西日本の太平洋側の天気は、深夜に近づくにつれて雲が多くなる予想になっています。

13日夜の岡山の天気は、晴れのち曇りです。14日ごろから雲が出る予報となっています。

岡山でのふたご座流星群の観測は、13日の夜の方がよさそうですね!

 

ふたご座流星群とは?

ふたご座流星群は、数多い流星群の中でも人気のある流星群です。

  • ほぼ一晩中観測が可能
  • 多くの流星が出現(当たりはずれが少ない流星群)

など、見ごたえがあります。

望遠鏡などなくても肉眼で観察できるのも嬉しいポイントですよね。

また、ふたご座流星群は「三大流星群」のうちの一つでもあります。

三大流星群とは

  • しぶんぎ座流星群(1月4日ごろ)
  • ペルセウス座流星群(8月13日ごろ)
  • ふたご座流星群(12月14日)

のことで、ほぼ毎年見ることのできる流星群です。

天気や場所の条件がいいと、1時間に80個以上の流星を見ることもできます!

夢のような世界に入れそうですね。

スポンサーリンク

まとめ

2020年ふたご座流星群(岡山)についてお伝えしました。

天気・極大(ピーク)を考えたおすすめの観測日は12月13日(日)の夜です。

天気にめぐまれて多くの流れ星が見られたらいいですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク